[ソリューション事業部 システム開発課] 岩村 琢

仕事にワクワクを!
岩村 琢
Taku Iwamura

ソリューション事業部 システム開発課

Profile
東京で数々のプロジェクトに従事したスペシャリスト。
現在も最重要インフラの大規模システムに関わる。
とどまることを知らない、好奇心と向上心で他者を圧倒する。

インタビュー


Q1.仕事をする上でどんなことを大切にしていますか?

A1.
「楽則能久」
どうせ働くのなら楽しく仕事をすることを心がけています。
べつにお金儲けがしたいわけじゃなく、そこそこの衣食住に困らなければ良いし。
人生死ぬまでの暇つぶし。毎日楽しく働けるのが一番だと思います。
仕事を楽しむためには「誰かにやらされてる感」ではなく「自分でやってる感」が大事。
受け身・指示待ちの姿勢ではなく、仕事の中で自分自身のやりたいことを実現できれば最高に楽しく仕事ができます。

Q2.働き甲斐は?

A2.
沖縄本島全域の電力供給を制御するシステムの設計・開発・保守を担当しています。
24時間365日、一瞬たりとも止められない重要な社会インフラを支えるシステムに自分が関わっていると思うと、プレッシャーもありますがそれ以上の充実感があります。
沖縄電力のグループ企業だからこそ、電力供給の運用現場の一番近くで電力システムの設計・開発という大きな仕事に携わることができるのだと思います。

Q3.働きやすいところは?

A3.
労働組合があるので、無理な残業をさせられることもないですし、有給休暇もしっかり取ることができます。
システム開発という仕事は納期をきちんと守っていれば自分でスケジュールの調整ができるので、他の仕事に比べると休暇が取りやすいです。
夏休みも全社一斉の休みではなく自分で好きな日を選べるので、世間のお盆休みと時期をずらして海外旅行に出かけたりもできます。

Q4.最後に一言!

A4.
就職というのは、結局は会社との相性だと思います。
自分に嘘をついて入社しても苦しいだけですし、会社側も良いイメージばかりを見せるだけでは入社後に「こんなはずじゃなかった」となってしまいます。
お互い正直にやるのが結果的にはみんなが幸せになれるので、どんどん本音で語りあいましょう。
面接官に聞きづらいことがあれば、どうぞ私に遠慮なく聞いてください。

このページのTOPへ